真ん中の話 キャラクター図鑑

ドルーピー(Droopy Dog)
ドルーピー(Droopy Dog)常に少し眠そうな表情をした犬(バセットハウンド)。「ドルーピー(Droopy Dog)」というキャラクター名は、正確には「チャンピオン誕生(1949年)」以降に付けられたもので、初期の作品ではその都度異なる名前であり、初登場時は「ハッピー・ハウンド」と呼ばれていた。日本ではむっつりワンくんかワンくんともなどと呼ばれていた。
ドリーピー
ドリーピー(Drippy)
ドルーピーの双子の弟で怪力が特徴。出演は1度しかないがスパイクを混乱させ病院送りにする。
スパイク(Spike)
スパイク(Spike)
「真ん中の話」を代表するキャラクターのひとつで、「トムとジェリー」に登場するブルドッグと同名。ドルーピーと絡む事が多いが、スパイクだけが登場する作品もある。ブッチ(Butch)と呼ばれる時期もある。
ドルーピーにたいする悪巧みやイタズラに命をかけたキャラ。木を切り倒して「倒れるぞー!」というと必ずスパイクの所に倒れてくるなど仕掛けた罠などは全て自分に返ってくる。
オオカミ
オオカミ
初期のオオカミは、クールなギャングといったキャラで登場、彼はドルーピーからどうしても逃げることが出来ない。その後南部訛りのお人好しでクール、Kingdom Comingの口笛を吹くのが癖のキャラになる。彼が撃った大砲は、真っ直ぐ飛ぶわけでなく必ず的に向かって飛ぶ。
黒猫
黒猫
特に名前はなく、単独で出演するかスパイクと共演する。 スパイクに対しては強いものの、鳥を食べようとすると、どうしても食べることが出来ない。 ノイローゼになったり精神的に弱い面を見せる。
チビ助(George)
デカ吉チビ助(George and Junior)
テックス・アヴェリーによって小説「二十日鼠と人間」をヒントに作られたキャラクター。チビ助(George)は頭脳派で、アイデアや作戦を立てる役。しかし、デカ吉(Junior)が失敗するためチビ助(George)が痛い目を見る。
デカ吉(Junior)
デカ吉チビ助(George and Junior)
デカ吉(Junior)は肉体派で、チビ助(George)の立てた作戦をそのまま実行する役。しかし、失敗ばかりするためチビ助(George)にお仕置きとしてお尻を蹴られる。声はテックス・アヴェリー本人が担当。
クマのバーニー(Barney Bear)
クマのバーニー(Barney Bear):バーニー・ベア
お人好しでとろいバーニーは、主演でありながらやられることが多い。ハウツー本を持って行動することが多いが、本の通りになったことはない。
クマのバーニー(Barney Bear)
ビーグル犬
スパイクと共に保健所で飼い主を待つ犬。割りの悪い話をスパイクに押しつけたつもりが、いい話だったためスパイクを追いかけ仕事を横取りしようとする。しかし、美女の写真を見て口笛を吹いたために、全てを台無しにしてしまう。
くま
くま
バーニーとは違う熊。冬眠するためにスパイクを雇う雇い主。チョットした音や声に反応する神経質な面を見せる。しかし、家が吹き飛ぶほどのダイナマイトの音にはピクリともしない。
くま
くま
ハイキングに来たバーニー・ベアの食べ物を横取りする。食べ物にたいする執着心は異常。しかし、バーニーが諦めて食べ物を渡そうとすると、熊に食べ物を与えては行けない地域で食べ物を与えたと保護官を呼ぶ。
ビーバー
ビーバー
ダムを造っていたビーバーは、新聞で隣人を助ける週間の記事を見て、手伝いに来たバーニーに迷惑する。ちっちゃなダムで良かったところに、バーニーが本格的なダムを造ってしまう。
ビリー
ビリー
何でも食べる山羊のビリーは、オオカミの家に送られる。線路を食べながらアメリカを横断するほどの食欲の持ち主。
にわとり
にわとり
スパイクの話に登場する泣くことに命をかけたにわとり。どんなに邪魔をされても泣き続ける。自分が寝るときは意外に神経質。
牛

ドルーピーシリーズに登場するオオカミが飼い主の牛。「ムームームー バァーバァーバァー」と言ってドルーピーが来たことをオオカミに知らせる。
カラス
カラス
バーニーのトウモロコシ畑を荒らすカラス。集団で畑を荒らしたり、かかしのジョーに化けてバーニーを騙す。
犬

ドルーピーシリーズの「呼べど叫べど」に登場する保安官事務所にある金庫の金を狙う2匹の犬。ドルーピーが声を出させようと仕掛けるが、その度に外に出て叫んだりして戻ってくる。
竜

ドルーピーシリーズの「竜退治」に登場する。どんな武器も通用しない最強の竜。しかし、ドルーピーの持っている女王の写真に落書きをして、ドルーピーをマジギレさせてしまいコテンパンにされる。
カモ
カモ
バーニーシリーズの「かしこい子がも」に登場する。カモ狩りに来たバーニーを翻弄する頭の良いかも。
エド
エド
「善人エド」に登場する当時の典型的なアメリカ人エド。
キツネ
キツネ
ドルーピーシリーズの「いかさま狐狩り」に登場する常に紅茶?を飲んでいる沈着冷静な紳士キツネ。
スパイクの友達
スパイクの友達
スパイクシリーズの「腹ペコ野良猫」に登場するスパイクの友達の犬。黒猫に頭の毛をはぎ取られる。
世界一小さな子馬
世界一小さな子馬
バーニーシリーズの「めんこい子馬」に登場するすばしっこい虻より小さい子馬。実は彼の子供が世界一小さい。
あぶ
あぶ
バーニーシリーズ「めんこい子馬」で子馬を探す虻。彼より小さい馬に蹴られる。
ルーピー
ルーピー
「勝利はいただき」「いたずら教室」で登場するワラの家を造ったドルーピーの兄弟?
もぐら
もぐら
バーニーシリーズ「宝さがし」で伝説の海賊が残した宝のありかをねぐらにするモグラ。
ふくろねずみ
ふくろねずみ
バーニーシリーズ「どちらが賢いか」で、尻尾を巧みに使ってバーニーに捕まらないようするフクロネズミ。
かかしのジョー
かかしのジョー
バーニーシリーズ「かかしに御用心」でバーニーを騙すかかし。実は二匹のカラスが化けている。
オットセイ
オットセイ
バーニーシリーズ「海中探検」で、バーニーを手伝おうとするオットセイ。よかれと思ったことが全て裏目に出てしまう。
保安官
保安官
ドルーピーシリーズ「呼べど叫べど」で大金を預かる保安官。実は補聴器が必要なほど耳が遠い。
スヌーピー
スヌーピー
「勝利はいただき」「いたずら教室」で登場する木の家を造ったドルーピーの兄弟?
ドルーピーの子
ドルーピーの子
お腹が空いたときに一言だけ泣くドルーピーの赤ちゃん。赤ちゃんだが怒らせると怖い。
りす
りす
バーニーシリーズ「只今静養中」で木の中で冬眠しようとしてバーニーに切り倒される。バーニーの家で冬眠するが空気が読めない上にいびきが酷い。
ドルーピーの妻
ドルーピーの妻
銃でドルーピーを援護するほどたくましい奥さん。
ウィリアム
ウィリアム
バーニーシリーズ「良い子のしつけ方」に登場する山猫。息子のウィリーのしつけでお尻を叩こうとしているところをバーニーに邪魔される。
ウィリー
ウィリー
バーニーシリーズ「良い子のしつけ方」に登場する山猫。とんでもないいたずら者でバーニーを困らせる。